So-net無料ブログ作成
検索選択

鏡の向こうに 1話 [小説 鏡の向こうに 全30話]

ギター弾き

 トイレの便器に頭を突っ込み、口から吐けるだけ吐いた。
薄暗い照明と悪臭漂うライブハウスのトイレ。壁にはステッカーや落書き、ライブ告知用のフライヤーが無造作に貼られている。
「おい圭、大丈夫かよ?演奏できんのかよ!?」
「おう、ちょっと飲み過ぎた。」
「出番前につよい酒ばっか飲むからだろう、まったく。先行ってるからなぁ。」
便器に嘔吐した液体を流し、洗面台の鏡の前に立った男は、
「俺は誰だ?」
壁のフライヤーを剥がし口元を拭いた。

 DJの流す音がピタリと止むと、一挙にステージへ眩い光があたる。その光の中から野太い音が響き、観客の体に稲妻が走る。
「圭ーーー。」「圭さ~んー。」
ギターを演奏している圭は、観客の歓声と自身の演奏に酔う。
ステージに上がる前の少しの緊張は、初めの一音で消え失せる。その快感はピストルの引き金を引くスリルと似ているのではないかと、圭は常々思っていた。
持ち時間は1時間。あっという間に時は過ぎ、圭の酔いは醒める。
「お疲れー。」
楽屋に戻るとスタッフから労いの言葉をかけられる。満足を得られない圭はすぐに酒をあおった。
ライブの後は、やけに頭が研ぎ澄まされる。酒を飲みながら楽屋の外に耳をやった。
「マジでかっこいい。」
「やっぱ圭さんだろ?」
「初めてナマで見たけど、こんなにかっこいいと思わなかったぁ!」
観客の声を聞き分けて、
「ボルティーズも終わったな。」
「ああ、言えてる。」
圭は批判を肴に酒を飲んだ。

 下北沢のライブハウスを出て、圭はギターケースを片手にゆらりゆらりと歩き始めた。

←ポチっと押してね!


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。